キレる大人はなぜ増えた

香山リカ 著

駅や病院など公共の場で暴れる人、対応が悪いとトップに直訴する人、なにがなんでも自分だけが正しいと思い込む人…。いつから、どこから、日本人は、こんなにもキレやすくなったのか。希代の「世相ウオッチャー」である精神科医が、臨床での経験をもとに現代社会の病理を読み解き、キレないための処方箋を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 見て見ぬふりをしない人
  • 第2章 泣き寝入りをしない人
  • 第3章 「それでも私は正しい」人
  • 第4章 いきなりトップにメールする人
  • 第5章 昔の怒りを抑えられない人
  • 第6章 ネット上だけ「正義の人」
  • 第7章 キレる脳のメカニズム
  • 第8章 キレなければ生き残れない社会とは
  • 第9章 キレないための処方箋

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 キレる大人はなぜ増えた
著作者等 香山 リカ
書名ヨミ キレル オトナ ワ ナゼ フエタ
書名別名 Kireru otona wa naze fueta
シリーズ名 朝日新書
出版元 朝日新聞社
刊行年月 2008.1
ページ数 205p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-02-273190-6
NCID BA84589579
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21358942
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想