ウェーバーの社会理論と意味・価値問題 : ヘーゲル,マルクスとの比較・対照において

吉田浩 著

ウェーバーの社会理論はヘーゲル・マルクスの弁証法の対極に位置するものである。この観点からウェーバー理論の陥っているディレンマ、その弱点、とりわけ意味・価値問題の絶望的状況を、ヘーゲル・マルクスの弁証法的方法によって全面的に解決するよう試みる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 マックス・ウェーバーにおける固有法則性概念と与件(J.S.・ミルによる与件の取り扱い
  • シュムペーターにおける与件の取り扱いと経済的事象それ自らの論理 ほか)
  • 第2章 マックス・ウェーバーの概念構成における質的性格について(ウェーバーの概念の特質と問題点
  • ウェーバーのヘーゲル批判と弁証法における一般概念の具体化 ほか)
  • 第3章 M.ウェーバーとヘーゲル・マルクスとにおける現実性概念について(ウェーバーにおける「現実性」と「現実科学」
  • ヘーゲルの現実性 ほか)
  • 第4章 変革の理論の諸類型-マルクス、ウェーバー、シュムペーターの所説を中心として(三類の変革理論の同一性と差異性(一)-静学・動学の二元論と静学の先行
  • 三類の変革理論の同一性と差異性(二)-変革主体の特性と経済それ自体の自発的変化 ほか)
  • 第5章 意味喪失と生きるための意味(雀部幸隆氏における『知と意味の位相』の分裂による意味喪失について
  • 雀部氏における「経験科学」の問題点と対象に内在することの独自の意味 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ウェーバーの社会理論と意味・価値問題 : ヘーゲル,マルクスとの比較・対照において
著作者等 吉田 浩
書名ヨミ ウェーバー ノ シャカイ リロン ト イミ カチ モンダイ : ヘーゲル マルクス トノ ヒカク タイショウ ニ オイテ
出版元 晃洋書房
刊行年月 2008.1
ページ数 274p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7710-1911-9
NCID BA84559137
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21391452
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想