物語イスラエルの歴史 : アブラハムから中東戦争まで

高橋正男 著

イスラエルという民族名は、紀元前十三世紀のエジプトの碑文にはじめて登場する。文明が交錯する東地中海沿岸部では、さまざまな民族が興亡してきた。そのなかで、イスラエル(ユダヤ)民族はバビロニア捕囚やローマ帝国による迫害など、民族流亡の危機を乗り越え、第二次世界大戦後に再び自らの国を持つに至った。本書は、民族の祖とされるアブラハムから中東戦争後の現在まで、コンパクトに語る通史である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • イェルサレム
  • パレスティナ・イスラエルの国土
  • 王政以前
  • 第一神殿時代-紀元前10世紀〜紀元前6世紀
  • 第二神殿時代-紀元前538〜紀元後70年
  • 対ローマユダヤ叛乱-紀元後66〜74年/132〜135年
  • ビザンツ帝国時代から初期ムスリム時代へ-324〜1099年
  • 十字軍時代-1099〜1187年
  • アイユーブ朝からマムルーク朝へ-1187〜1517年
  • オスマン帝国時代-1517〜1917年
  • ツィオニズム運動の開始
  • 反ユダヤ暴動から建国前夜まで
  • イスラエル国誕生
  • 中東戦争

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物語イスラエルの歴史 : アブラハムから中東戦争まで
著作者等 高橋 正男
書名ヨミ モノガタリ イスラエル ノ レキシ : アブラハム カラ チュウトウ センソウ マデ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2008.1
ページ数 372p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-101931-8
NCID BA84533188
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21383145
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想