ジャガイモの世界史 : 歴史を動かした「貧者のパン」

伊藤章治 著

南米生まれのジャガイモは、インカ帝国滅亡のころ、スペインに渡った。その後、フランスやドイツの啓蒙君主たちも普及につとめ、わずか五百年の間に全世界に広がった。赤道直下から北極圏まで、これほど各地で栽培されている食物もない。痩せた土地でも育ち、栄養価の高いジャガイモは「貧者のパン」として歴史の転機で大きな役割を演じた。アイルランドの大飢饉、北海道開拓、ソ連崩壊まで、ジャガイモと人々をめぐるドラマ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 オホーツク海のジャガイモ
  • 第2章 ティティカカ湖のほとりで-ジャガイモ発祥の地
  • 第3章 ペルー発旧大陸行き-そしてジャガイモは広がった
  • 第4章 地獄を見た島-アイルランド
  • 第5章 絶対王制とジャガイモ
  • 第6章 産業革命と「貧者のパン」
  • 第7章 現代史のなかのジャガイモ、暮らしのなかのジャガイモ
  • 第8章 日本におけるジャガイモ
  • 終章 「お助け芋」、ふたたび?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジャガイモの世界史 : 歴史を動かした「貧者のパン」
著作者等 伊藤 章治
書名ヨミ ジャガイモ ノ セカイシ : レキシ オ ウゴカシタ ヒンジャ ノ パン
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2008.1
ページ数 243p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-101930-1
NCID BA84532527
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21383135
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想