希望の政治学 : テロルか偽善か

布施哲 著

現代のグローバル社会の歪みが噴出した9・11テロ事件-。テロルはもともと「恐怖」を意味するが、私たちの生活は文字通り、テロルの影の下にある。「だからこそ政治の出番ではないか」。元来、政治とは暴力と恐怖をもって民衆を支配するものであるとともに、暴力や死の恐怖が氾濫する危機的事態を回避する知恵でもあった。ホッブス、マキアヴェッリにまで遡り、民主主義や主権など、危機的現実の中でこそ要請された政治的概念の誕生と歴史的変遷を検証。丸山眞男の偽善論を核に、「政治的なもの」の現代的意義をソシュール/デリダの言語論やジジェクの資本主義論によって実践的に読み解き、再構築する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • テロルの構造-いま世界で起こっていること
  • 第1部 自発的服従から自己犠牲へ(敵対性の組織化-暴力・恐怖・秩序
  • 兵士は「どこ」にいるのか-敵対性の現場の法的ステータス
  • 自己犠牲のイメージ-絶対的現状容認と戦場への渇仰)
  • 第2部 政治の原風景(無内容の発見-政治学の原理論のために
  • 偽善のすすめ-敵対性への応答
  • 擬制としての公と私-「脱臼」した個別の生を縫合する政治的地平
  • 脱理念化された民主主義のための政治理論-現代政治理論のフロンティア)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 希望の政治学 : テロルか偽善か
著作者等 布施 哲
書名ヨミ キボウ ノ セイジガク : テロル カ ギゼン カ
シリーズ名 角川叢書 38
出版元 角川学芸 : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2008.1
ページ数 270p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-04-702138-9
NCID BA84527924
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21367368
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想