戦争と仏教

梅原猛 著

切っ先鋭くブッシュの戦争、小泉の「改革」を斬る一方で、病に倒れた女性作家の著作について熱く語る。思想家としての円空に挑みつつ、知られざる京都の奥深さを明かし、戦乱のさなかに花開いた室町文化の再考を提唱。そして混乱の度を深める現代にこそ必要とされる仏教の力を語りつくす-ますます光彩を放つ梅原流随想集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 京都小見
  • 格好のよい二人の首相
  • 和気氏と仏教
  • 花札の韓国的変容
  • 父系社会と双系社会
  • 旧石器ねつ造事件に思う
  • 「ムツゴロウ」の語ること
  • W杯にみる日韓両国の違い
  • ムネオという祟り神
  • ギリシャ悲劇とマスコミ〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦争と仏教
著作者等 梅原 猛
書名ヨミ センソウ ト ブッキョウ
シリーズ名 文春文庫
出版元 文藝春秋
刊行年月 2008.1
ページ数 323p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-16-758305-7
NCID BA84494166
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21361359
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想