旅は自由席

宮脇俊三 著

『終着駅は始発駅』『汽車との散歩』に続く宮脇俊三珠玉のエッセイ集。喜怒哀楽さまざまな旅の息づかいを、気のおけない"自由席"でたっぷり味わう愉しみ。巻末には、在りし日の作家と作品を振り返る娘の解説を付した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 青函トンネルと瀬戸大橋(青函連絡船、さようなら
  • 津軽海峡線に試乗 ほか)
  • どこかへ行きたい(伊豆急「リゾート21」とお召列車
  • 函館から網走へ ほか)
  • 車窓の四季(春の旅
  • 夏の旅 ほか)
  • 旅の周辺・鉄道ファンの発想(0番線の話
  • 駅 ほか)
  • 仕事部屋のうちそと(拾いもの人生
  • オヤジ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 旅は自由席
著作者等 宮脇 俊三
書名ヨミ タビ ワ ジユウセキ
出版元 グラフ社
刊行年月 2007.5
版表示 復刊
ページ数 270p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7662-1062-0
NCID BA84479548
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21236734
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想