アメリカ下層教育現場

林壮一 著

アメリカ在住ノンフィクションライターである著者は、恩師に頼み込まれ、高校の教壇に立つことになった。担当科目は「JAPANESE CULTURE(日本文化)」。前任者は、生徒たちのあまりのレベルの低さに愕然とし、1カ月も経たないうちに逃げ出していた。そこは、市内で最も学力の低い子供たちが集まる学校だった。赴任第1日目、著者が目にした光景は、予想を遙かに超えていた。貧困、崩壊家庭と、絶望的環境のなかで希望を見出せない子供たちに、著者は全力で向かい合っていくが…。子を持つ全ての親、教育関係者必読のノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 体当たり(最初の授業
  • ジョージ・フォアマンの言葉
  • 浦島太郎
  • 相撲
  • 集中力はもって50分
  • 殴れたらどんなに楽か……
  • 振り出し
  • しゃぼんだまと丙牛)
  • 第2章 壁(白人の校長
  • トラビス
  • 中間テスト
  • 実の両親と共に生活している生徒は19名中1名
  • どうしても伝えたい内容
  • ヘスース)
  • 第3章 チャレンジ(時間がない
  • ジャップ
  • ある強盗殺人事件
  • 授業は"生き物"
  • アメリカの教育格差
  • えひめ丸
  • 国家
  • マービン・ハグラーの台詞
  • さらば教壇
  • 8カ月後の再会-半数の生徒が退学)
  • 第4章 ユース・メンターリング(教壇に立った経験を活かしたい
  • BIG BROT HER&BIG SISTER
  • 20種類の誉め方
  • ヒスパニックの少年
  • 苛めや暴力を防ぐ効果)
  • 第5章 突然の別れ(転校
  • トレイナー・ミドルスクール
  • 英語が母語の生徒は24名中4名)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカ下層教育現場
著作者等 林 壮一
書名ヨミ アメリカ カソウ キョウイク ゲンバ
書名別名 Amerika kaso kyoiku genba
シリーズ名 光文社新書
出版元 光文社
刊行年月 2008.1
ページ数 259p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03433-7
NCID BA84475332
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21362312
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想