だれも知らなかった〈百人一首〉

吉海直人 著

「小倉百人一首」成立の謎、選ばれた歌と、歌人についての知見、かるたの絵姿の不思議、江戸川柳や近代文学への影響、宝塚歌劇団の女優名など、他面的な魅力について紹介。著者所蔵の絵図類も多数収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 「小倉百人一首」とはなにか(百人一首はいつどのように成立したか
  • 百人一首を準備した『百人秀歌』
  • 小倉色紙の真贋 ほか)
  • 第2部 百人一首のひろがり(連歌師・宗祇の存在感
  • 歌仙絵に篭められた秘密
  • 「かるた」としての百人一首の誕生 ほか)
  • 第3部 今も昔も百首に始まる(競技かるた百周年
  • 異種百人一首について
  • 翻訳された百人一首 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 だれも知らなかった〈百人一首〉
著作者等 吉海 直人
書名ヨミ ダレ モ シラナカッタ ヒャクニン イッシュ
書名別名 Dare mo shiranakatta hyakunin isshu
シリーズ名 百人一首
出版元 春秋社
刊行年月 2008.1
ページ数 236p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-393-44162-6
NCID BA84473235
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21361562
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想