サイバーリテラシー概論 : IT社会をどう生きるか

矢野直明 著

コンピュータは人間の精神機能を拡張する道具として20世紀半ばに登場し、インターネットの発達とあいまって私たちに計り知れない便益と、時間的・空間的な制約を超える飛躍的な手段を提供した。インターネット上に成立したサイバー空間は、日常生活から経済、政治、文化やモラルにわたって広範な影響を与え、私たちが歴史的に育んできた考え方や生き方を根本から大きく変えつつある。しかしこのサイバー空間の多様で広大な現象の全体像を捉えるのは非常に困難である。サイバー空間とは何か、それが現実空間にどのように作用しているか、そしてこの現実を踏まえて私たちの現実空間をどのように再構築し、サイバー空間との共生を実現するか。著者はこれら一連の問いに答えつつ、IT社会のための基本素養であり基礎的能力ともなるサイバーリテラシーを明快に解説、グローバル化したIT世界の生き方を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 サイバーリテラシーとは何か
  • 第2部 インターネットの発達とサイバー空間の変容
  • 第3部 Web2.0 万人がサイバー空間の住人となる時代
  • 第4部 現実世界の変容とサイバーリテラシー
  • 第5部 サイバーリテラシーと情報倫理
  • 第6部 IT社会と私たちの生き方
  • 補論 「総メディア」社会のリテラシー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 サイバーリテラシー概論 : IT社会をどう生きるか
著作者等 矢野 直明
書名ヨミ サイバー リテラシー ガイロン : IT シャカイ オ ドウ イキルカ
出版元 知泉書館
刊行年月 2007.12
ページ数 198p
大きさ 23cm
ISBN 978-4-86285-020-1
NCID BA84454514
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21365283
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想