タイの森林消失 : 1990年代の民主化と政治的メカニズム

倉島孝行 著

[目次]

  • 序章 研究のねらいと問題の所在
  • 第1章 1990年代における東北タイの土地利用と「森林地」内農地の態様
  • 第2章 東北農民の土地利用動態とタイ国家による「森林地」の形成-「森林」対「農地」を巡る競合の根本要因
  • 第3章 「森林地」内農地問題の発生・泥沼化-1960年代〜1970年代における広範な「森林地」内農地の形成と背景
  • 第4章 「森林」対「農地」に関わる軍・森林局の優勢と半分の民主主義体制-内戦の終焉と1980年代〜1990年代初頭の「森林地」内農地を巡る闘い
  • 第5章 「森林地」内農地を巡る持続・多極化する攻防と民主主義体制-1990年代における問題の大々化・拡大と民主政下の闘い
  • 第6章 内戦の最激戦地から「森林」対「農地」攻防の最前線地へ-1990年代の問題源流地の過去と現在
  • 第7章 1990年代民主化期タイにおける森林消失の政治的メカニズム-「森林地」内農地を巡る競合展開との関係から

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 タイの森林消失 : 1990年代の民主化と政治的メカニズム
著作者等 倉島 孝行
書名ヨミ タイ ノ シンリン ショウシツ : 1990ネンダイ ノ ミンシュカ ト セイジテキ メカニズム
出版元 明石書店
刊行年月 2007.12
ページ数 296p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7503-2705-1
NCID BA8444612X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21386362
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想