情念論

デカルト 著 ; 谷川多佳子 訳

近代感情論の源泉とされる『情念論』(1649)は伝統のスコラ的見方や情念=悪という見方を否定し、理性の善悪の判断に従う限り、情念に最も動かされる人間が最も多くの喜びを享受すると主張した。心身関係の具体的な説明にみるオートマティズムや脳の知見は、優れて現代的な課題を含む。デカルト解釈の可能性を広げる一書。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 情念論
著作者等 Descartes, René
谷川 多佳子
Descartes Ren'e
デカルト
書名ヨミ ジョウネンロン
書名別名 Les passions de l'ame
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.1
ページ数 265, 7p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-336135-1
NCID BA84445976
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21370074
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想