成金天下

今井清一 編著

開国以来、日本の歩んできた100年、そこに生きた人々、当時の雰囲気、世相風俗を浮き彫りにした、臨場感あふれる迫真のドキュメント。公式記録や史料、体験談、新聞、雑誌、回想録、流行歌にいたるまで多方面から取材し、時代の種々相を写し出した記録現代史全10巻。復刊を待望された名著の文庫化。第5巻は、日本の資本主義の興隆期。1914年、第一次世界大戦が勃発し、交戦国からの注文で日本は軍需景気に沸き立った。金、金、金の一方で、民衆は生活難を訴え、外からはロシア革命の衝撃のうちに、各地にデモクラシー運動の昂揚をみた。資本主義は飛躍的に発展し、日本は新たな変貌期を迎える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 金の世の中
  • 第1部 大戦の表裏(大正維新
  • 膨脹・膨脹・膨脹
  • 民衆のスターたち)
  • 第2部 解放の旗のもとに(市民文化のにない手
  • はみだした人びと
  • デモクラシーの奔流
  • 急進と反動)
  • 第3部 世界の日本(世界の桧舞台で
  • 極東の天地で
  • 世界との交流)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 成金天下
著作者等 今井 清一
書名ヨミ ナリキン テンカ
書名別名 Narikin tenka
シリーズ名 日本の百年 5
ちくま学芸文庫 5
出版元 筑摩書房
刊行年月 2008.1
ページ数 532p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09075-1
NCID BA84435473
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21376502
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想