東京裁判

日暮吉延 著

「文明の裁き」か「勝者の報復」か。不毛な論争に新世代の学究が終止符を打つ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 東京裁判をどう見るか
  • 第2章 東京裁判の枠組みはいかにして成立したのか
  • 第3章 連合国は何を告発したのか
  • 第4章 日本はどのように対応したのか
  • 第5章 判決はいかにして書かれたのか
  • 第6章 なぜ第二次東京裁判は実施されなかったのか
  • 第7章 戦犯釈放はいかにして始まったのか
  • 第8章 なぜA級戦犯は釈放されたのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東京裁判
著作者等 日暮 吉延
書名ヨミ トウキョウ サイバン
書名別名 Tokyo saiban
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 2008.1
ページ数 412p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-287924-8
NCID BA84422813
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21366639
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想