哲学者ディオゲネス : 世界市民の原像

山川偉也 著

甕の中に住まい、頭陀袋を下げ、襤褸をまとって犬のようにアテナイの町をうろつき、教説を説いたシノペのディオゲネス。おびただしい数の逸話で知られる「犬哲学者」の思想とは、いったいどのようなものだったのか。アリストテレス的人間観や当時の伝統・習慣を全否定し、「世界市民」という新しい理念を唱導・実践した思想家の実像を探り出し、われわれ現代人の生き方を模索する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「世界市民」の原像としてのディオゲネス
  • 第1章 「ディオゲネス伝」読解のために
  • 第2章 シノペ-通貨変造事件前夜
  • 第3章 シノペ-通貨変造事件当日
  • 第4章 通貨変造事件直前・直後の顛末
  • 第5章 象徴戦略としての「犬」、そのシンボリズム
  • 第6章 狂ったソクラテス
  • 第7章 ディオゲネスとアレクサンドロス
  • 第8章 ポリス的動物と「獣」のアナロギア
  • 第9章 ディオゲネスの奴隷制批判
  • 第10章 自足して生きる
  • 第11章 アリストテレスの正義論
  • 第12章 世界市民への道
  • 終章 世界市民主義の地平

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 哲学者ディオゲネス : 世界市民の原像
著作者等 山川 偉也
書名ヨミ テツガクシャ ディオゲネス : セカイ シミン ノ ゲンゾウ
書名別名 Tetsugakusha diogenesu
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2008.1
ページ数 500p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-159855-3
NCID BA84407831
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21366114
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想