自己と関係性の発達臨床心理学 : 乳幼児発達研究の知見を臨床に生かす

石谷真一 著

本書は、関係性を介した心の発達過程と関係性に由来する臨床問題について著者の臨床経験を下敷きに解説した発達臨床心理学のテキストである。養育者との間主観的体験を通して育まれる自己感の展開を、ライフサイクルに沿って乳児期から成人期に至るまで論じ、かつ世代を越えて受け継がれる葛藤の連鎖と、それを克服するための心理的支援に言及している。発展著しい乳幼児発達研究の知見を心理臨床活動に生かす新たな心理臨床のパースペクティブを紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 発達臨床心理学の位置づけ
  • 発達臨床心理学における自己と関係性のあざなえる二軸
  • 妊娠期間:子供を迎える親の心
  • 新生児期:生得的な関係形成力と関係を通して芽生える自己
  • 乳児期:相互調整と間主観的共有によって広がる乳児の自己体験
  • 幼児期前期:言葉と歩行によって開かれる新たな自己感と関係性
  • 乳児期の臨床問題と心理臨床的援助
  • 幼児期後期:遊びと語りによって開かれる私的な心の世界
  • 自閉症とその臨床的支援
  • 児童期:発達の場としての学校と学校における臨床問題〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自己と関係性の発達臨床心理学 : 乳幼児発達研究の知見を臨床に生かす
著作者等 石谷 真一
書名ヨミ ジコ ト カンケイセイ ノ ハッタツ リンショウ シンリガク : ニュウヨウジ ハッタツ ケンキュウ ノ チケン オ リンショウ ニ イカス
出版元 培風館
刊行年月 2007.11
ページ数 204p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-563-05721-3
NCID BA84370709
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21347967
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想