近代茶道の歴史社会学

田中秀隆 著

[目次]

  • 知識人と茶の湯
  • 第1部 近代茶道の三つの転換期(明治三一年と想像の共同体
  • 茶道の記号化と昭和四年-芸術概念の拡大をめぐって
  • 『茶道全集』と利休・芸術・生活
  • 皇紀二千六百年の利休-秀吉の近代的受容を手がかりに)
  • 第2部 伝統文化の解釈者たち(岡倉天心の美術主義的文明論-『東洋の理想』の構想力
  • 岡倉天心のメタ・ナショナリズム-『日本の覚醒』の分析力
  • 岡倉天心の日本文化論-『茶の本』の対位法
  • 小宮豊隆の茶道受容をめぐって-近代的芸術観と伝統文化理解
  • 柳宗悦と生活)
  • 第3部 茶道への理論的アプローチ(茶の消費史研究序説(消費社会論)
  • 芸術としての茶と身体(システム論)
  • 茶道文化継承の外的条件(物産複合論)
  • 茶道文化論の現代的課題-文化的アイデンティティと茶道)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代茶道の歴史社会学
著作者等 田中 仙堂
田中 秀隆
書名ヨミ キンダイ チャドウ ノ レキシ シャカイガク
出版元 思文閣
刊行年月 2007.11
ページ数 433, 11p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7842-1377-1
NCID BA84367227
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21363974
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
芸術としての茶と身体 システム論
茶の消費史研究序説 消費社会論
茶道文化継承の外的条件 物産複合論
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想