書の見方 : 日本の美と心を読む

名児耶明 著

三筆にはじまり、平安中期に三跡によって確立された和様の書。流れるような連綿と墨色の濃淡、緊張感のある空間をもつ名品の数々は、その華麗な美が見るものを魅了する。さらに定家様から寛永の三筆、江戸のタイポグラフィー勘亭流まで、日本の書を代表する書風をたどりつつ、鑑賞のための多様な糸口を「和様」という視点で読み解く。書の美をたのしみ、その心を知るためのやさしい手引書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 日本の書、文字の多様性
  • 第1章 文字との出会い・文字の使用-金石・木簡・肉筆の美
  • 第2章 奈良から平安の重厚な書-大量の写経文字と三筆の書
  • 第3章 和様の発展と仮名の確立-三跡の筆跡美
  • 第4章 仮名美の分析と名品の数々-仮名の造形美
  • 第5章 実用の書と定家様-藤原定家の目指した仮名とは
  • 第6章 墨跡と天皇家の書-禅僧のもたらした書の新しい魅力
  • 第7章 寛永の三筆と唐様・和様-江戸時代初期の新鮮な書風と誰もが書きやすい文字
  • 第8章 定家様文化と書のデザイン-形式美と江戸の飾り文字
  • 第9章 日本文化と仮名文字、書の造形美-仮名文字の再評価と芸術書

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 書の見方 : 日本の美と心を読む
著作者等 名児耶 明
書名ヨミ ショ ノ ミカタ : ニホン ノ ビ ト ココロ オ ヨム
シリーズ名 角川選書 419
出版元 角川学芸 : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2008.1
ページ数 260p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-04-703419-8
NCID BA84363168
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21370321
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想