マンガは変わる : "マンガ語り"から"マンガ論"へ

伊藤剛 著

マンガ表現論とポストモダン/サブカル論を架橋し、マンガ界、批評・思想界に大きな断層をもたらした著者の10年余にわたる批評活動を集大成。過去のマンガとマンガ論が臨界に達し、変容していくさまを浮かびあがらせ、未来を展望する待望のマンガ全論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 表現論/ジャンル論(美少女エッチ漫画の基礎知識
  • 漫画の描き方本の基礎知識
  • マンガの前衛-アニメ絵をめぐって ほか)
  • 2 マンガ作家論(諸星大二郎の奇妙な世界
  • 超リアルかつ超こまめ-古谷実
  • 高野文子はいかに「没入」を描いてきたか ほか)
  • 3 状況論/キャラ文化論(スミスが獲得したリアリティをエヴァが獲得できなかった理由
  • 男性のための「試験に出る」やおい講座第1回 七〇年代篇
  • 男性のための「試験に出る」やおい講座第2回 八〇年代篇初頭「アニパロ時代」篇 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マンガは変わる : "マンガ語り"から"マンガ論"へ
著作者等 伊藤 剛
書名ヨミ マンガ ワ カワル : マンガガタリ カラ マンガロン エ
出版元 青土社
刊行年月 2007.12
ページ数 304, 4p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7917-6385-6
NCID BA84346169
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21436286
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想