ほんとはこわい「やさしさ社会」

森真一 著

「やさしさ」「楽しさ」が無条件に善いとされ、人間関係のルールである現代社会。それがもたらす「しんどさ」「こわさ」をなくし、もっと気楽に生きるための智恵を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 やさしさを最優先する社会(やさしいきびしさ・きびしいやさしさ
  • 治療としてのやさしさ・予防としてのやさしさ
  • 実効性のあるルールとしてのやさしさ)
  • 第2章 きびしいやさしさの特徴(敬意の過大評価・修復の過小評価
  • 対等性の原則)
  • 第3章 どうしてやさしさルールはきびしくなったのか?(人生の自己目的化
  • 楽しさ至上主義
  • 能力開発への情熱
  • 仲間うちでやさしさルールがきびしくなった理由)
  • 第4章 やさしさ社会のこわさ(こわいひとびと
  • 伝わらないやさしさ
  • やさしさとかげぐち
  • 思いやりの落差拡大と暴力)
  • 第5章 気楽なやさしさのすすめ(家畜をめざすやさしさ社会は、いいものか?
  • 人生は楽しいことばかりじゃない
  • やさしさより、気楽さ・気軽さ
  • 攻撃の知恵)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ほんとはこわい「やさしさ社会」
著作者等 森 真一
書名ヨミ ホント ワ コワイ ヤサシサ シャカイ
書名別名 Honto wa kowai yasashisa shakai
シリーズ名 ちくまプリマー新書 74
出版元 筑摩書房
刊行年月 2008.1
ページ数 175p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-68775-3
NCID BA84335719
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21374596
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想