機能不全家族

星野仁彦 著

ダ・ヴィンチもアインシュタインも漱石もみな、病をかかえていた!!あの酒鬼薔薇聖斗には「発達障害」と心的トラウマが絡み合っていた。ニート、引きこもり、青少年犯罪など社会病理現象の背景には、ほとんど「発達障害」と「機能不全家族」がある。長期の引きこもりやニート、青少年の凶悪犯罪がこんなに増えているのは日本だけ!カゲのうすい父親、過干渉的な母親が家庭病理を作っている!!しかし、「心の病」には必ず解決の道があります。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ダ・ヴィンチの生涯、酒鬼薔薇聖斗の精神(天才のなかの悲劇と数奇な犯罪の根
  • 衝動性、攻撃性-多様な才能の偉人たちと犯罪者たち)
  • 第2章 人生の転機をどう過ごすか(学校へ通う
  • 性に目覚めるころ
  • 思春期と職に就くころ ほか)
  • 第3章 生活の基本に潜む「生きるコツ」(食べる、食べられない
  • 眠る、眠られない
  • 働く、働けない ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 機能不全家族
著作者等 星野 仁彦
書名ヨミ アダルト チルドレン : ココロ ガ オレソウナ ヒトタチ エ
書名別名 心が折れそうな人たちへ…

Adaruto chirudoren
出版元 アートヴィレッジ
刊行年月 2007.11
ページ数 303p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-901053-62-4
NCID BA8432304X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21475688
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想