江戸とロンドン

近藤和彦, 伊藤毅 編

[目次]

  • 1部 社会(メトロポリスの勃興とロンドンの認識-一六〇〇〜一七五〇年
  • 十八世紀半ばのロンドンのリヴァリ・カンパニー
  • 佐倉炭荷主と江戸問屋
  • 民衆・犯罪・処刑
  • 一八三〇年代ロンドンの社会と統治-郊外教区・メトロポリス・中央政府)
  • 2部 空間(インフラ都市・江戸
  • 武家の空間とその流動性-徳川家宣政権成立期を事例として
  • 寺院における建築の存続について
  • 時間と空間におけるロンドンの素材
  • 雑役人と小間づかい-十八世紀ロンドンにおける規制外労働)
  • 3部 表象(江戸の描かれ方-江戸時代前期の江戸名所図を中心に
  • 江戸城登城風景をめぐる二つの表象-名所絵と"歴史画"のあいだ
  • 江戸祭礼の表象
  • ロンドンにおける書籍業の展開-一六九〇年ごろ〜一八二〇年
  • カナレットの描いた二つの橋-十八世紀ロンドンにおける表象の転換)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸とロンドン
著作者等 伊藤 毅
近藤 和彦
書名ヨミ エド ト ロンドン
シリーズ名 別冊都市史研究
出版元 山川出版社
刊行年月 2007.12
ページ数 242p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-634-52712-6
NCID BA8431480X
BA84509627
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21365238
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想