子どもたちの観光力 : 教育旅行が地域を変える

小椋唯一 著 ; 福島県観光連盟 監修

既存の観光地を見本にしてはならない。百年後のわが町、わが地域がどのような姿になっているかを考えて、計画を立てるべきだ-。教育旅行誘致の観光カリスマ・小椋唯一氏が、約40年にわたる自らの体験で得たノウハウを、実戦で役立つように分かりやすく教えてくれる、地域を元気にする方法。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 素晴らしきかな田舎ライフ(変わる「観光」という言葉の範囲
  • 観光地の概念が変わる ほか)
  • 第2章 地域を元気にするという発想(夕張炭鉱と常磐炭鉱のちがい
  • 誰のための町おこし観光振興か ほか)
  • 第3章 教育旅行は何を求めているのか(なぜ今、教育旅行誘致なのか?
  • 修学旅行は現代の通過儀礼か ほか)
  • 第4章 体験学習は気づきを刺激する(総合学習で可能になった、にわか先生
  • 「生きる力」を育む教育を守りたい ほか)
  • 第5章 誘致組織の運営と発展の鍵(なぜ専門組織が必要なのか
  • 観光課が人気の職場でなければ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子どもたちの観光力 : 教育旅行が地域を変える
著作者等 小椋 唯一
福島県観光連盟
書名ヨミ コドモタチ ノ カンコウリョク : キョウイク リョコウ ガ チイキ オ カエル
出版元 エムジー・コーポレーション
刊行年月 2007.11
ページ数 333p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-900253-40-7
NCID BA84296559
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21386574
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想