中世西欧文明

ジャック・ル・ゴフ 著 ; 桐村泰次 訳

アナール派歴史学の旗手として中世社会史ブームを生みだした著者が、政治史・社会史・心性史を綜合して中世とは何かをはじめてまとめた記念碑的著作。アナール派の神髄を伝える現代の古典、ついに邦訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 西欧世界の歴史的進展(蛮族たちの定着(五〜七世紀)
  • ゲルマン人の組織化の試み(八〜十世紀)
  • キリスト教世界の形成(十一〜十三世紀)
  • キリスト教世界の危機(十四〜十五世紀))
  • 第2部 中世文明(闇の中に輝くもの(五〜九世紀)
  • 中世の空間的・時間的構造(十〜十三世紀)
  • 生活の物質的条件(十〜十三世紀)
  • キリスト教精神と西欧社会(十〜十三世紀)
  • 中世の人々の思考と感情(十〜十三世紀)
  • 永続性と刷新(十四〜十五世紀))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世西欧文明
著作者等 Le Goff, Jacques
桐村 泰次
Goff Jacques Le
ゴフ ジャック・ル
書名ヨミ チュウセイ セイオウ ブンメイ
書名別名 La civilisation de l'occident medieval
出版元 論創社
刊行年月 2007.12
ページ数 579, 3p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8460-0684-6
NCID BA84273757
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21356568
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想