経済大国中国の課題 : 国情報告

胡鞍鋼 著 ; 王京濱 訳

中国の急速な近代化は中国国内にどのような正負の影響をもたらし、経済大国化しつつある中国の台頭は世界にどのようなインパクトを与えるのか。環境・都市化・社会問題・官僚腐敗など、客観データに基づく現状の正確な情報と、二〇二〇年までの発展戦略のシナリオを簡潔明快に提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論 中国台頭の意味
  • 第1章 緑色発展と緑色台頭
  • 第2章 発展の動力としての都市化
  • 第3章 人間開発とソーシャル・ガバナンス
  • 第4章 共産党の施政能力とクリーン政治体制
  • 第5章 中国の台頭が世界に及ぼすインパクト
  • 第6章 中国近代化の道-回顧と展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済大国中国の課題 : 国情報告
著作者等 王 京濱
胡 鞍鋼
書名ヨミ ケイザイ タイコク チュウゴク ノ カダイ : コクジョウ ホウコク
出版元 岩波書店
刊行年月 2007.12
ページ数 209p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-022769-8
NCID BA84272914
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21360424
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 中国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想