さらば、"近代民主主義" : 政治概念のポスト近代革命

アントニオ・ネグリ 著 ; 杉村昌昭 訳

パリの「国際哲学コレージュ」における講義で、ネグリを待ち受けていたのは、「帝国主義の手先」「裏切り者」と糾弾する聴講生たちの声だった。ネグリの「EU憲法」支持表明によって、混乱は頂点に達する…。本書は、「怒れる聴衆」との激烈な議論を経て、ともに"新たなる民主主義"をめざすために、世界の変容に即した政治概念の再定義をめざしたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序文-新たな政治の文法づくりの"工房"として
  • 近代/ポスト近代の区切り
  • マルチチュードの労働と生政治的組成
  • グローバリゼーションと集団的移動-平和と戦争
  • 公と私を超えて-「共」へ
  • マージナルな抵抗としての「ポスト近代思想」批判
  • 差異と抵抗-ポスト近代の区切りの認識から、来たるべき時代の存在論的構成へ
  • 抵抗の権利から構成的権力へ
  • ガバメントとガバナンス-「政府形態」の批判のために
  • 決定と組織
  • 共通の自由の時間
  • 結び-マルチチュードを形成することは、新たな民主主義をつくることである

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 さらば、"近代民主主義" : 政治概念のポスト近代革命
著作者等 Negri, Antonio
杉村 昌昭
ネグリ アントニオ
書名ヨミ サラバ キンダイ ミンシュ シュギ : セイジ ガイネン ノ ポスト キンダイ カクメイ
書名別名 Fabrique de porcelaine

Saraba kindai minshu shugi
出版元 作品社
刊行年月 2008.1
ページ数 251p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86182-170-7
NCID BA84271591
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21362759
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想