ポスト・リベラリズムの対抗軸

有賀誠, 伊藤恭彦, 松井暁 編

グローバリゼーション、民族紛争やテロ、貧困や環境問題の深刻化など、地球的問題群への打開のための有効性を説く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • リベラリズムの普遍性をめぐる対抗-グレイとベイツ
  • リバタリアニズムの左右対決-ノージックと左派リバタリアン
  • コミュニタリアニズムの政策論-エッチオーニとガルストン
  • 現代のコミュニズムをめぐる係争-ネグリとジジェク
  • 熟議民主主義の進化-J.ハーバーマスとJ.ドライゼック
  • 「アーキテクチャ」の問い直しと民主主義-レッシグとアンガー
  • ポストモダン的思考を超えて-アガンベンとデュットマン
  • グローバルな正義をめぐる対抗-センとポッゲ
  • 多文化共生社会の二つの構想-ミラーとヤング
  • フェミニズムにおける「政治」像をめぐる対抗-オーキンとバトラーとヤング
  • 「ケアの倫理」と「正義の倫理」をめぐる対立の諸相-ギリガンとキッテイ
  • 環境をめぐる規範理論の対抗-シンガーとリーガンとキャリコット

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ポスト・リベラリズムの対抗軸
著作者等 伊藤 恭彦
有賀 誠
松井 暁
書名ヨミ ポスト リベラリズム ノ タイコウジク
書名別名 Posuto riberarizumu no taikojiku
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2007.12
ページ数 251p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7795-0195-1
NCID BA84265748
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21362744
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想