反事実的条件法

デイヴィッド・ルイス 著 ; 吉満昭宏 訳

事実に反する仮定を使って何事かを述べるとき、私たちは何を意味しているのか。可能世界論によってこの問いに理論を与えた、全研究者必携の画期的名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 反事実的条件法の分析(導入部
  • 厳密条件文 ほか)
  • 第2章 再定式化(多種様相
  • 命題量化 ほか)
  • 第3章 比較(メタ言語理論-暗黙の前提
  • メタ言語理論-事実的前提 ほか)
  • 第4章 基礎(可能世界
  • 類似性)
  • 第5章 類比(仮言的義務
  • 「次に_とき」と「前に_とき」 ほか)
  • 第6章 論理(完全性に関する結果
  • 決定可能性に関する結果 ほか)
  • 付録 関連するデイヴィッド・ルイスの作品

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 反事実的条件法
著作者等 Lewis, David K.
Lewis, David Kellogg
吉満 昭宏
Lewis David
ルイス デイヴィッド
書名ヨミ ハンジジツテキ ジョウケンホウ
書名別名 Counterfactuals. (改正版)

Hanjijitsuteki jokenho
シリーズ名 双書現代哲学 6
出版元 勁草書房
刊行年月 2007.12
ページ数 327p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-326-19952-5
NCID BA84264155
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21353756
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想