親の品格

坂東眞理子 著

2007年最大のベストセラー『女性の品格』の続編。少子化、核家族化、共働きでむずかしくなった親子関係のあり方を、66の例をあげて具体的に語る。「子どもの機嫌を取らない」「みんなで食事をする」「手伝いをさせる」「悪口は言わない」「正しい日本語を使う」「お金の経験を積ませる」「挫折を忍耐強く見守る」「親の介護」-著者の体験をもとに、いまの時代にふさわしい新しい考え方、振る舞い方を提案する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生命を育む(挨拶から始めよう
  • 泣く子に負けない
  • 子どもの機嫌を取らない ほか)
  • 第2章 マナーを育む(よい叱り方、悪い叱り方
  • お辞儀をする
  • 手伝いをさせよう ほか)
  • 第3章 人間性を育む(約束は必ず守る
  • 悪口は言わない
  • 差別をしない ほか)
  • 第4章 学校とのつきあい(教育と先生
  • けんかのルールを身につける
  • いじめをしない子に育てる ほか)
  • 第5章 ティーンエイジャーの子どもと(ボランティアから学ぶ
  • ホームステイのすすめ
  • 子どもの友人との出会い ほか)
  • 第6章 情報といかに接するか(好きな本を読ませる
  • 新聞、雑誌を読む
  • 情報機器とのつきあい ほか)
  • 第7章 成熟した親子関係をつくる(パラサイトシングルにしないために
  • 挫折を忍耐強く見守る
  • 子どもが結婚するとき ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 親の品格
著作者等 坂東 真理子
坂東 眞理子
書名ヨミ オヤ ノ ヒンカク
シリーズ名 PHP新書
出版元 PHP研究所
刊行年月 2008.1
ページ数 237p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-69707-9
NCID BA84229030
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21350292
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想