幾何物語 : 現代幾何学の不思議な世界

瀬山士郎 著

三角形や四角形、円がおりなす美しい性質や思いがけない不思議さは古くからファンを魅了してきた。また厳密な証明の学習材料としてとりあげられてもきた。そのユークリッド幾何学は幾度もの転換を経て、いまや現代幾何学へと大きな変貌をとげたが、そこにはどのような物語があったのか。ヒルベルトの幾何学基礎論、クラインのエルランゲン目録、非ユークリッド幾何学、トポロジーなど、学校幾何では触れられなかった話題がさりげなくひもとかれる。手を使い、作図し証明しながら、幾何のおもしろさにひたりつつ、そのもう少し先までを案内してくれる、現代数学から読み解いた幾何学再入門。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 幾何学からの招待状-モノからコトへ(測地学から数学へ
  • パズル解きと「モノ」の手ざわり
  • 新しい幾何学と「コト」という主題)
  • 第1章 コンパスと定規を使って(おかしな証明・不思議な定理
  • 作図の楽しみ
  • ギリシアの三大作図問題
  • 作図と代数
  • 角の3等分がコンパス,定規ではできない理由)
  • 第2章 ピタゴラスの定理変奏曲(ピタゴラスの定理のいろいろな証明
  • ピタゴラスの定理の面積を使った証明
  • ボヤイ・ゲルヴィンの定理
  • ピタゴラスの定理の発展)
  • 第3章 平行線の公理をめぐって-非ユークリッド幾何学の世界(平行線の公理とは
  • 平行線の公理をめぐって
  • 非ユークリッド幾何学の成立
  • 非ユークリッド非化学の世界のモデルを作る)
  • 第4章 幾何学の楽しみ-いろいろな幾何学(光と影の幾何学、射影幾何学
  • つながり方の幾何学、グラフ理論
  • 柔らかい幾何学,トポロジ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幾何物語 : 現代幾何学の不思議な世界
著作者等 瀬山 士郎
書名ヨミ キカ モノガタリ : ゲンダイ キカガク ノ フシギナ セカイ
書名別名 Kika monogatari
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2007.12
ページ数 204p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09126-0
NCID BA84202351
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21355340
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想