北方社会史の視座 : 歴史・文化・生活  第1巻 ~ 第3巻

長谷川成一, 関根達人, 瀧本壽史編

この本の情報

書名 北方社会史の視座 : 歴史・文化・生活
著作者等 佐々木 馨
河西 英通
浪川 健治
瀧本 壽史
脇野 博
長谷川 成一
関根 達人
書名ヨミ ホッポウ シャカイシ ノ シザ : レキシ ブンカ セイカツ
書名別名 北方社会史の視座 : 歴史文化生活
巻冊次 第1巻
第2巻
第3巻
出版元 清文堂出版
刊行年月 2007.12-2008.5
ページ数 3冊
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7924-0637-0
978-4-7924-0638-7
978-4-7924-0636-3
NCID BA84188818
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「医療の社会化」を巡る地域社会の相克 川内淳史
アイヌ民族との戦いと「北の武士団」 工藤大輔
サイロを旅する : 北方社会の近代建築 二村悟
中世道南の領主と城館 : 城館から見た蠣崎氏の松前進出 室野秀文
九戸一揆と情報 : 南部利直の上洛をめぐって 熊谷隆次
争うネブタの伝承 : 青森県津軽地方のケンカネプタ 小山隆秀
八幡の館 : 勝山館・浪岡城・根城 工藤清泰
出土文字資料から見た北日本の古代社会 鐘江宏之
北の商人像 阿部綾子
北の自由民権 河西 英通
北の軍隊を見る地域のまなざし : 郷土軍としての第八師団と大湊要港部 荒井悦郎
北奥中・近世遺跡の竪穴建物跡 : 馬淵川流域の事例から 佐々木浩一
北奥羽地域における神仏分離 : 秋田藩・盛岡藩を中心に 岩森譲
北方の森林資源と林業 脇野 博
北方各藩における儒学の展開 中村安宏
北日本の鉱山と鉱害 : 秋田県大葛鉱山毒水問題を中心に 土谷紘子
北東北の農山村 山下祐介
北羽都市の生活と習俗 : 「秋田風俗絵巻」の世界 金森正也
安藤昌益の思想 : 新発見の「天地象図」から見えてくること 若尾政希
幕末の北奥社会と海峡を渡る女性 : 弘前藩領大光寺組田中村「かん」の場合 浪川 健治
弘前藩宝暦改革の主導者乳井貢の思想と実践 小島康敬
弥生の水田稲作と津軽海峡域 福田友之
役場文書に見る戦時教育行政 : 学校動員の実態を探る 中園美穂
後期津軽領の災害対応 白石睦弥, 長谷川 成一
本州アイヌの生業・習俗と北奥社会 関根 達人
東北振興のあゆみ : 近代国家と地域開発 中園裕
死亡広告からみた秋田県内の葬儀の変化 : 骨葬を中心に 丸谷仁美
江差商人・関川平四郎の俳諧活動 桜井拓郎
津軽の近世墓標・過去帳にみる社会階層 澁谷悠子, 関根 達人
津軽人と南部人 小泉敦
海を渡った宗教・信仰 : 有珠善光寺を手がかりに 佐々木 馨
海峡を渡った漆器 : 和人地~北海道~樺太~アムール川下流域まで広がった和製漆器の道 北野信彦
海峡地域の女性の生活誌 : 地域・家族・手仕事 長谷川方子
消えた松前 : 未発見の津軽領元禄国絵図に関する小考 本田伸
秋田藩木山方吟味役・賀藤景林家文書の発見 : 東北森林管理局の史料調査から 加藤衛拡
第1巻: 古代国家の中の北日本 渡部育子
第2巻: 豊臣・徳川政権移行期の北奥羽大名 : 慶長年間、南部家の動きを中心に 千葉一大
第3巻: 北緯四〇度の歴史学 : 東アジア世界における北方日本 荷見守義
箱館鯡船の来航と八戸湊の構造 渡辺英夫
蝦夷地における異民族との接触と衝突 : 一七世紀後半の寛文蝦夷蜂起を中心として 市毛幹幸
蝦夷錦をめぐる社会史 : 青森県内所在の蝦夷錦を通して 瀧本 壽史
近世初期の鉱山開発と「天下之御山」論 : 北日本を中心に 長谷川 成一
近世前期津軽地域における漁民像について 坂本寿夫
近代教育の中の洋学受容 : 文明開化を考える一環として 北原かな子
金銭出納簿にみる明治初期のハリストス正教会 山下須美礼
長部日出雄の文学 : 津軽イタコの方法 郭南燕
須恵器の生産と消費(青森県) 佐藤智生, 蔦川貴祥, 藤原弘明
高野山と松前阿吽寺 山本隆志
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想