絵解き幕末諷刺画と天皇

奈倉哲三 編著

戊辰戦争時、薩長嫌いの江戸っ子たちが謎解きを楽しんだ非合法の諷刺錦絵を徹底解読!巧みなコードを用いた、ハイセンスな反権力の笑いで読む、維新の世相。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 諷刺錦絵の登場と流行-錦絵の世界が変わった(錦絵のいろいろ-この本のはじめに
  • 諷刺錦絵の登場
  • 二つのピーク-鯰絵と麻疹絵)
  • 2 高まる江戸庶民の政治関心(諷刺諸文芸の大流行
  • 変貌するかわら版
  • 政治情勢を知らせる町触の徹底周知
  • 戊辰戦争諷刺錦絵のアウトライン)
  • 3 戊辰戦争諷刺錦絵は語る(鳥羽・伏見開戦から江戸城開城まで
  • 江戸城開城後から列藩同盟成立前まで
  • 列藩同盟成立直後 閏四月末から五月中まで
  • 会津城攻防戦前後)
  • この本のおわりに-戊辰戦争を見つめた江戸庶民の願い(戊辰戦争諷刺錦絵を振り返って
  • 戊辰戦争諷刺錦絵に込められた願い
  • 戊辰戦争諷刺錦絵意義)
  • 戊辰月日表-江戸庶民にとっての戊辰戦争

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 絵解き幕末諷刺画と天皇
著作者等 奈倉 哲三
書名ヨミ エトキ バクマツ フウシガ ト テンノウ
出版元 柏書房
刊行年月 2007.12
ページ数 264p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-7601-3247-8
NCID BA84187633
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21356531
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想