障害児教育を考える

茂木俊彦 著

二〇〇七年四月、従来の「特殊教育」は「特別支援教育」に移行した。その理念と制度は、どのようなものか。これによって障害児教育に開かれる可能性、また残された課題は何か。教室で格闘する教師らの注目すべき実践を紹介しながら、障害児との向き合い方を考え、すべての子に学習と発達を保障する学校教育への道筋を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 変わってきた障害者の見方
  • 第1章 障害による活動の制限
  • 第2章 障害児とどう向き合うか
  • 第3章 学習権・発達権と特別支援教育
  • 第4章 学習と発達の保障をめざして
  • 終章 障害者の自立を励ます社会へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 障害児教育を考える
著作者等 茂木 俊彦
書名ヨミ ショウガイジ キョウイク オ カンガエル
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2007.12
ページ数 205p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431110-2
NCID BA84186561
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21355434
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想