グローバル・コミュニケーション論 : メディア社会の共生・連帯をめざして

小野善邦 編

コミュニケーション・テクノロジーの飛躍的進歩により、地球全体が巨大なネットワークでひとつに結ばれた。では、マクルーハンの予見したメディア構想が現実化した世界ではどんな光景が広がっていくことになるのか-。ひとりひとりがグローバル・リテラシーを高め、グローバル化を妥当な方向へ導く案内として。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • グローバル・コミュニケーションの今日的意味
  • 1 グローバル・コミュニケーションの理論的展開(国際コミュニケーションの政治経済学-一九八〇年代後半以降の多メディア・多チャンネル化を事例に
  • グローバル・ジャーナリズム-その役割と課題 ほか)
  • 2 グローバル・コミュニケーションの諸相(メディア文化のグローバル化と越境対話-東アジアの事例を中心に
  • グローバル文化と国家の役割-ユネスコ文化多様性条約を中心に ほか)
  • 3 リージョナリズムと国際コミュニケーション戦略(日本におけるソフトパワー戦略としての国際情報発信
  • BBCの国際戦略-公共益の可能性を求めて ほか)
  • 4 新しい情報社会への模索(グローバル時代のメディアステーション論
  • グローバル・コミュニケーションと情報社会の変容 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グローバル・コミュニケーション論 : メディア社会の共生・連帯をめざして
著作者等 小野 善邦
書名ヨミ グローバル コミュニケーション ロン : メディア シャカイ ノ キョウセイ レンタイ オ メザシテ
出版元 世界思想社
刊行年月 2007.12
ページ数 368p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7907-1297-8
NCID BA84153799
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21353893
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
BBCの国際戦略 中村美子
アラブから世界へ 太田昌宏
エスニック・メディアとグローバル・コミュニケーション 中野克彦
グローバル・コミュニケーションがもたらす開き籠もり社会 吉井博明
グローバル・コミュニケーションと情報社会の変容 田畑暁生
グローバル・コミュニケーションの今日的意味 小野 善邦
グローバル・コミュニケーションの理論的展開
グローバル・コミュニケーションの諸相
グローバル・ジャーナリズム 藤田博司
グローバル化をめぐる国際コミュニケーション論のパラダイムシフト 賈曦
グローバル文化と国家の役割 沈成恩
グローバル時代のメディアステーション論 重延浩
ニュースに見る国際化の実相 小玉美意子
メディア・テクノロジーの発展と異文化の創造 坂田邦子
メディア文化のグローバル化と越境対話 岩渕功一
リージョナリズムと国際コミュニケーション戦略
中国・国際コミュニケーションの新動向 莫广瑩
九・一一後の米国メディア 村中智津子
他者としてのイスラーム 阿部るり
参加型グローバル・メディアの未来 レベッカ・マッキノン
国際コミュニケーションの政治経済学 音好宏
変化するデジタル時代の情報行動 米倉律
広告がリードするグローバル・ブランド 岩崎富士男
新しい情報社会への模索
日本におけるソフトパワー戦略としての国際情報発信 高島肇久
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想