眠れない一族 : 食人の痕跡と殺人タンパクの謎

ダニエル・T.マックス 著 ; 柴田裕之 訳

ヴェネツィアのある高貴な貴族出身の一族は、謎の不眠症に苦しんでいた。この病気は中年期に発症し、異常発汗や頭部硬直、瞳孔収縮を引き起こし、やがて患者は不眠状態に陥って死んでしまう。この一族の数世紀に及ぶ物語を軸に話は展開、やがてこの病がクールー病、狂牛病と同じプリオン病だとわかる。プリオン病の起源を探るうちに、80万年前の食人習慣へとたどり着く。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 眠れない一族 : 食人の痕跡と殺人タンパクの謎
著作者等 Max, Daniel T
柴田 裕之
マックス ダニエル・T.
書名ヨミ ネムレナイ イチゾク : ショクジン ノ コンセキ ト サツジン タンパク ノ ナゾ
書名別名 The family that could't sleep

Nemurenai ichizoku
出版元 紀伊國屋書店
刊行年月 2007.12
ページ数 358p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-314-01034-4
NCID BA84137464
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21360848
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想