プラトンの『国家』

サイモン・ブラックバーン 著 ; 木田元 訳

西洋哲学のはじまりを記すプラトン哲学。なぜ二千四百年を経た現在まで、哲学者たちはこの巨大な哲学と格闘し続けるのか。宗教、文学、科学の歴史、さらには我々の社会にいまなお息づき、新しさを失わないその影響とはなんなのか。気鋭の哲学者が軽妙な理論でこの謎を解き明かし、新たなプラトン像を浮かび上がらせる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • しきたりと無道徳主義
  • 権力と正義
  • ギュゲスの指輪
  • 類比
  • エリート層と芸術家
  • グラウコンの挑戦
  • 気概の人
  • 専門化
  • 知識と思いこみ
  • 洞窟の神話
  • 宗教的解釈
  • 詩的解釈
  • 科学的解釈
  • 無秩序な国家無秩序な人民
  • 詩人追放
  • 神話よさらば

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プラトンの『国家』
著作者等 Blackburn, Simon
木田 元
ブラックバーン サイモン
書名ヨミ プラトン ノ コッカ
書名別名 Plato's"Republic"
シリーズ名 国家 (プラトン) 4
名著誕生 4
出版元 ポプラ社
刊行年月 2007.12
ページ数 269p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-591-09950-6
NCID BA84136031
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21350874
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想