メイド・イン・チャイナ : 中堅・中小企業の中国進出

経営労働協会 監修 ; 関満博 編

次の時代をどのように見通すか。外資企業の中国進出開始から四半世紀、巨大な格差を抱えながら繁栄を謳歌する中国で2000年代以降の数年を日本の中堅・中小企業はいかに歩んだか。100を超える日系企業訪問をもとに「東アジア」の新たな関係を眺望する。"現場"の息吹をとらえた「同時代の証言」、20年の総括と新たな展望。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 進出の諸類型と分析の視点
  • 第1章 日本の中堅・中小企業の中国進出
  • 第2章 大連/日本企業進出の深い経験
  • 第3章 長江デルタ/壮大な産業集積の中の日本企業
  • 第4章 珠江デルタ/多様性の中の新たな可能性
  • 第5章 産業集積と現地化から見た進出中小企業の諸問題
  • 第6章 中国進出中堅・中小企業のマーケティング
  • 終章 中国進出の次の課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 メイド・イン・チャイナ : 中堅・中小企業の中国進出
著作者等 経営労働協会
関 満博
書名ヨミ メイド イン チャイナ : チュウケン チュウショウ キギョウ ノ チュウゴク シンシュツ
書名別名 Meido in chaina
出版元 新評論
刊行年月 2007.12
ページ数 575p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7948-0756-4
NCID BA84119724
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21349371
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想