性と生殖

安部眞一, 星元紀 共編

種内の多様性を保障し大きな利益をもたらす「性」。また、その様式を環境に応じてフレキシブルに変化させることができる「生殖」。本巻では、ゾウリムシなどの原生動物、プラナリア、ホヤ、ショウジョウバエ、メダカを代表とする脊椎動物の生殖様式に加えて、モデル生物における精子形成や「生殖」にむすびつかない「性」を見せる霊長類を紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 性と生殖
  • 1章 単細胞生物の性と生殖
  • 2章 無性生殖から有性生殖への転換-プラナリアを例に
  • 3章 ホヤ生殖系列幹細胞のフレキシビリティー
  • 4章 動物における生殖細胞系列の形成メカニズム-ショウジョウバエを中心として
  • 5章 脊椎動物の生殖腺における性決定・分化・転換
  • 6章 脊椎動物の精子分化-イモリ精巣をモデルにして
  • 7章 霊長類の「性」と「生殖」-生殖に結びつかない性をめぐって
  • 終章 生殖細胞システムの進化について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 性と生殖
著作者等 安部 眞一
星 元紀
日本動物学会
書名ヨミ セイ ト セイショク
シリーズ名 シリーズ21世紀の動物科学 / 日本動物学会 監修 ; 浅島誠, 小泉修, 佐藤矩行, 長濱嘉孝 編 4
出版元 培風館
刊行年月 2007.12
ページ数 243p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-563-08284-0
NCID BA84117897
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21357207
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想