健康建築学 : 健康で快適な建築環境の実現に向けて

渡辺俊行, 高口洋人 著者代表

文部科学省の支援で2003年度にスタートした、九州大学21世紀COEプログラム「循環型住空間システムの構築」の環境物理チームの研究活動をとりまとめたもの。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 健康性と快適性、そして持続可能性
  • 第2章 建築環境と健康問題
  • 第3章 健康で快適な温熱・空気環境デザイン
  • 第4章 健康で快適な音環境デザイン
  • 第5章 健康で快適な光環境デザイン
  • 第6章 快適で環境に調和した自然エネルギーの利用
  • 第7章 スループットでみる健康建築

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 健康建築学 : 健康で快適な建築環境の実現に向けて
著作者等 渡辺 俊行
高口 洋人
大柿 哲朗
江原 幸雄
穴井 謙
書名ヨミ ケンコウ ケンチクガク : ケンコウ デ カイテキナ ケンチク カンキョウ ノ ジツゲン ニ ムケテ
書名別名 Kenko kenchikugaku
シリーズ名 持続都市建築システム学シリーズ
出版元 技報堂
刊行年月 2007.11
ページ数 192p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7655-2508-4
NCID BA84085087
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21340643
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想