図説アール・ヌーヴォー建築 : 華麗なる世紀末

橋本文隆 著

ブリュッセル、パリ、ウィーン、ブダペスト、プラハ、バルセロナ…ヨーロッパにいっせいに花開いたアール・ヌーヴォー建築の潮流を俯瞰する、決定版ガイド。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 アール・ヌーヴォーとその時代(アール・ヌーヴォー建築の背景と役割
  • 近代都市の誕生
  • アーツ&クラフツを経て
  • 万国博覧会という舞台)
  • 2 アール・ヌーヴォーの開花(聖地ベルギー
  • ベル・エポックのフランス
  • 「思想の国」ドイツ)
  • 3 ハプスブルク王朝最後の栄光(王朝最後の帝国オーストリア
  • ハンガリーのマジャール・ヌーヴォー
  • チェコのボヘミアン・ヌーヴォー)
  • 4 ナショナル・ロマンティシズム(フィンランドの花崗岩建築
  • スペインのカタルーニャ・モデルニスモ)
  • 5 各国への伝播

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 図説アール・ヌーヴォー建築 : 華麗なる世紀末
著作者等 橋本 文隆
書名ヨミ ズセツ アール ヌーヴォー ケンチク : カレイナル セイキマツ
シリーズ名 ふくろうの本
出版元 河出書房新社
刊行年月 2007.11
ページ数 143p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-309-76107-7
NCID BA84072937
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21346393
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想