近世都市社会の「訴訟」と行政

坂本忠久 著

[目次]

  • 序章 先行研究の整理と本書の課題
  • 第1章 「訴願」手続きの整備と都市行政の展開
  • 補論1 「訴願」手続きの成立とその変遷
  • 補論2 江戸の「訴訟」制度と公事宿、町役人の機能
  • 第2章 「訴願」に対する町奉行所の対処方法とその特質-「内寄合」と「見分」を中心に
  • 第3章 町人の「訴願」と町奉行所・町年寄の利害調整機能-「正宝録」の「訴答之部」の再検討を通じて
  • 第4章 町人の「町触願」とその裁定をめぐる幕府の原則
  • 補論3 「訴願」の終結と「願下ケ」手続きの特色
  • 第5章 月行事の「訴願」と都市社会の行政
  • 終章 近世都市社会における「訴訟」と行政の特色

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近世都市社会の「訴訟」と行政
著作者等 坂本 忠久
書名ヨミ キンセイ トシ シャカイ ノ ソショウ ト ギョウセイ
書名別名 Kinsei toshi shakai no sosho to gyosei
出版元 創文社
刊行年月 2007.11
ページ数 281, 9p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-423-74095-8
NCID BA8406990X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21423553
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想