分権時代と自治体法学

兼子仁先生古稀記念論文集刊行会 編

[目次]

  • 1 自治体法基礎理論(自治体法学・条例法学の成立
  • 自治・分権の憲法原則と人権保障の課題
  • 日本国憲法が規定する「地方自治の本旨」
  • 地方自治における比例原則、補完性原理
  • 自治体と法律上の争訟・司法権論覚書
  • 明治初期の土地の官民有区分における「官有地」概念について
  • 自治体の公物と住民
  • 住民投票制度に関する若干の考察
  • 地域自治区の法的性格と課題
  • フリッツ・フライナーの自治行政論)
  • 2 自治体特殊法論(情報二法制と自治体行政-「公文書」とその取扱いをめぐって
  • 地域ルールの確立のための覚え書き-環境行政を中心として
  • デンマークの計画法の構造
  • 自治体による都市空間秩序の管理と「景観法」
  • 景観法の成立と地域住民
  • 都市の成長管理と水道
  • 消費生活条例における公表制度の目的と機能
  • 自治体福祉行政における子ども独自の利益代理の必要性
  • 地方教育行政の教育介入と教育裁判)
  • 兼子仁名誉教授略歴・研究業績目録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 分権時代と自治体法学
著作者等 兼子仁先生古稀記念論文集刊行会
書名ヨミ ブンケン ジダイ ト ジチタイ ホウガク
出版元 勁草書房
刊行年月 2007.11
ページ数 547p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-326-40240-3
NCID BA84064928
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21348772
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想