騎士団

須田武郎 著 ; 新紀元社編集部 編

巡礼者の防衛、援助、救護のために創設されたテンプル騎士団や聖ヨハネ騎士団。『アーサー王物語』などの影響を受けて、イングランドの最高勲章であるガーター勲章を授かった者たちをそう呼んだガーター騎士団。ひと口に騎士団といってもさまざまな成り立ち、組織、役割がある。それらを歴史的背景とともに紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 騎士と騎士団(騎士団とは
  • 古代の戦士たち
  • 騎士団の興り)
  • 第2章 ノルマン騎士団(イングランドを巡る情勢
  • 戦果をあげるノルマン騎士団)
  • 第3章 十字軍と宗教騎士団(十字軍が目指すもの
  • 十字軍熱とともに栄える宗教騎士団
  • 聖ヨハネ騎士団とテンプル騎士団
  • 修道騎士
  • イスラム勢力の逆襲
  • ドイツ騎士団
  • 十字軍の集結と3大騎士団)
  • 第4章 イベリア半島の騎士団(イベリア半島に騎士団が生まれた背景
  • 戦いのなかで生まれた各騎士団)
  • 第5章 封建騎士団の凋落(変わりゆく戦術と騎士団の崩壊
  • 百年戦争と騎士団
  • ばら戦争と騎士団)
  • 第6章 勲爵士騎士団(騎士道精神を重んじるガーター騎士団
  • 各地で生まれた勲爵士団)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 騎士団
著作者等 新紀元社
須田 武郎
書名ヨミ キシダン
シリーズ名 Truth in fantasy 78
出版元 新紀元社
刊行年月 2007.10
ページ数 328p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7753-0556-0
NCID BA84052179
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21302161
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想