紛争と対話

山本顯治 編

グローバル化・市場社会化が進行する現代社会における「法」・「秩序」の変容をどのようにとらえるか。法学を中心とした新しい学際的社会科学の地平を拓く「法動態学」の構想を提起。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 対人関係と責任の心理学
  • 法律と社会的ジレンマ-意図性に基づく社会的秩序の自律的形成
  • 公正感と社会的規範
  • 投資行動の消費者心理と民法学"覚書"
  • 紛争解決の技法とはなにか-ナラティヴに埋め込まれた知
  • 紛争処理過程における第三者の役割
  • 紛争過程における当事者の声-自主的解決支援の罠と可能性
  • 消費者紛争処理の法動態学
  • 家事調停の動態学
  • 国際訴訟・国際仲裁と非国家法の適用

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 紛争と対話
著作者等 山本 顯治
書名ヨミ フンソウ ト タイワ
書名別名 Dispute and dialogue

Funso to taiwa
シリーズ名 Studies in legal dynamics : 水平的秩序 4
法動態学叢書 4
出版元 法律文化社
刊行年月 2007.12
ページ数 224p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-589-03064-1
NCID BA8404548X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21355044
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想