大日如来の世界

頼富本宏 編著

日本密教では一切の仏・菩薩の根源とされ、両部曼荼羅の中心に位置する大日如来。この特別な尊格がアジアの仏教文化圏(インド・ネパール・チベット・ジャワ・日本・中国・韓国)で、どのように理解され、信仰され、造形表現されてきたかを探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 インドの大日如来
  • 第2章 ネパールの大日如来
  • 第3章 チベットの大日如来
  • 第4章 ジャワの大日如来
  • 第5章 日本の大日如来
  • 第6章 中国の大日如来
  • 第7章 韓国の毘慮遮那仏

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大日如来の世界
著作者等 頼富 本宏
書名ヨミ ダイニチ ニョライ ノ セカイ
出版元 春秋社
刊行年月 2007.11
ページ数 241p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-393-17280-3
NCID BA84031441
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21340439
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想