グローバリゼーションと労働世界の変容 : 労使関係の国際比較

田端博邦 著

グローバリゼーションは何をもたらしたのか!?拡大する自由市場と激増するワーキング・プア。労働組合はネオ・リベラリズムに対抗できるのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 労使関係の構造変化とその要因(検討の視点-国際比較を試みる意味
  • 労使関係の変容-石油危機と新自由主義
  • グローバリゼーションの進展
  • グローバリゼーションと労働市場)
  • 第2部 各国・地域の労使関係の構造と変化(二つの基本タイプ-英米と大陸ヨーロッパ
  • イギリスの労使関係
  • 大陸ヨーロッパの労使関係-ドイツとフランスを中心に
  • フランスの労使関係
  • ドイツの労使関係-ドイツ・モデルの危機か?)
  • 第3部 日本の労使関係(国際比較からみた日本の労使関係
  • 歴史的な転換と日本の労使関係
  • いくつかの基本問題についての考え方)
  • 労使関係はどのようになるか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グローバリゼーションと労働世界の変容 : 労使関係の国際比較
著作者等 田端 博邦
書名ヨミ グローバリゼーション ト ロウドウ セカイ ノ ヘンヨウ : ロウシ カンケイ ノ コクサイ ヒカク
書名別名 Gurobarizeshon to rodo sekai no hen'yo
出版元 旬報社
刊行年月 2007.11
ページ数 375p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8451-1051-3
NCID BA84017371
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21338593
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想