子どもの摂食・嚥下障害 : その理解と援助の実際

北住映二, 尾本和彦, 藤島一郎 編著

[目次]

  • 1 概説(嚥下障害におけるリハビリテーション-主に運動学習、記憶についての小児と成人の相違
  • 摂食・嚥下のメカニズム(構造・機能)と成長に伴う構造の変化
  • 摂食・嚥下機能の発達と障害
  • 口腔機能の臨床評価
  • 摂食・嚥下機能の評価診断検査法 ほか)
  • 2 指導・援助・治療の実際例(脳性麻痺、頭部外傷後遺症など中枢神経障害
  • 心理的拒否と知覚過敏
  • 幼児経管栄養依存症
  • 障害児・者歯科での摂食指導の事例
  • ダウン症 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子どもの摂食・嚥下障害 : その理解と援助の実際
著作者等 北住 映二
尾本 和彦
藤島 一郎
書名ヨミ コドモ ノ セッショク エンカ ショウガイ : ソノ リカイ ト エンジョ ノ ジッサイ
出版元 永井書店
刊行年月 2007.9
ページ数 378, 6p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-8159-1793-7
NCID BA84016040
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21399671
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想