国家の謀略

佐藤優 著

異能の外交官が初めて公開する「インテリジェンス」の技法。この「情報工学」を官僚だけに独占させておく手はない、ビジネスマン必読。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 インテリジェンスという名のゲーム(「情報大国」日本はどこへ行ったのか
  • 「ヒュミントVSエリント」論争の落とし穴 ほか)
  • 2 ニッポン・インテリジェンスの潜在能力(ガードの堅いエリツィン側近の胸襟を一発で開かせた「猪木カード」
  • 外務省「対外情報機能強化」案に欠けている「プロの常識」 ほか)
  • 3 陸軍中野学校という最強インテリジェンス機関(「酒」「カネ」「セックス」を超える日本的謀略の精髄「愛と誠」
  • 「生きて虜囚の辱めをうけず」の正反対をいく情報屋の「死生観」 ほか)
  • 4 ワールド・インテリジェンス-世界情勢を読む(アメリカ1 マキャベリがすでに喝破していた米「国家情報長官」新設の落とし穴
  • アメリカ2 ウォーターゲート事件「稚拙な接触」に仕掛けられた「壮大な罠」 ほか)
  • 5 今日から使えるインテリジェンスのテクニック(ネット時代でもインテリジェンスのプロが「新聞切り抜き」にこだわるわけ
  • 「エルメスのネクタイ1本」の贈り物には「2本買って」誕生日プレゼント ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国家の謀略
著作者等 佐藤 優
書名ヨミ コッカ ノ ボウリャク
書名別名 intelligence database

Kokka no boryaku
出版元 小学館
刊行年月 2007.12
ページ数 379p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-09-389732-7
NCID BA84015026
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21351458
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想