貨幣と資源

春日直樹 責任編集

交換・贈与における貨幣資源-貨幣経済の浸透により、社会的・儀礼的な贈与・交換過程のなかにも導入されている貨幣そのものがもつ象徴的意味を、他の物品との比較を含めて幅広く検討し理論的解明を行う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 貨幣と資源
  • 1 貨幣の贈与性(貨幣の区別と使用-カメルーン都市の同郷会とその役割
  • 貨幣と共同体-スリランカ・タミル漁村における負債の贈与的資源性をめぐって
  • エスニシティと「貨幣」-国境を越えるサモア人の交換とアイデンティティ)
  • 2 モノ化=客体化される貨幣(「お金の道」、「食物の道」、「敬意の道」-アフリカのミオンボ林帯に住む、焼畑農耕民ベンバにおける資源化のプロセスと貨幣の役割
  • 外在化された記憶表象としての原始貨幣-貨幣にとって美とはなにか)
  • 3 貨幣のモノ化とヒト化(エンデで家を建てる方法-資源としての貨幣と資源でない貨幣
  • 地域通貨のリアリティ-南フランスのSELの事例から
  • 資本に転化しない地域通貨)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 貨幣と資源
著作者等 春日 直樹
書名ヨミ カヘイ ト シゲン
書名別名 Kahei to shigen
シリーズ名 資源人類学 / 内堀基光 総合編集 5
出版元 弘文堂
刊行年月 2007.12
ページ数 332p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-335-51095-3
NCID BA84012640
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21346603
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想