帝国とプロパガンダ : ヴィシー政権期フランスと植民地

松沼美穂 著

[目次]

  • 第1章 帝国プロパガンダ発展の基盤(前史としての両大戦間期
  • ヴィシー政権にとっての帝国
  • 帝国プロパガンダを狙った組織 AECとその周辺)
  • 第2章 帝国祭典行事の展開(一九四一年「海外フランス週間」
  • 一九四二年「帝国十五日間」
  • 「博覧会列車」帝国がフランス全土を駆けめぐる
  • 帝国における祭典)
  • 第3章 青年、学童、女性と帝国(青年-帝国での職業的使命
  • 学童-学校教育における帝国の重点化
  • 女性-伝統的役割期待と帝国に託す希望)
  • 第4章 戦争終結とフランス再統一を見据えて(戦局の変動とプロパガンダの目的の変化
  • AECの機構改革
  • メッセージの受容 帝国との精神的紐帯
  • 「博覧会列車」の続行
  • 再び一つになるフランスと帝国の未来 臨時政府の帝国プロパガンダ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 帝国とプロパガンダ : ヴィシー政権期フランスと植民地
著作者等 松沼 美穂
書名ヨミ テイコク ト プロパガンダ : ヴィシー セイケンキ フランス ト ショクミンチ
シリーズ名 山川歴史モノグラフ 15
出版元 山川出版社
刊行年月 2007.11
ページ数 139, 73p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-634-67434-9
NCID BA84009431
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21343994
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想